suzuka91411207

Monday Morning Football

札幌の地よりアトランタ・ファルコンズの動向を見守るブログ

24 4月

2017-2018シーズン勝敗予想

こんばんは。ドラフト関連を追いきれなくて放置していたら前に更新したのが一ヶ月前という。。。

ドラフトはATLはどうやら一巡目は守備の選手を指名しそうです。というかそういうモックが多いなーと。
ビーズリーの逆サイドを指名するならまだわかるんですが、SだったりCBだったり指名するならアルフォードだったりアレンだったり昨年輝いていたメンツが控えに回ってしまうんですかね。感情的には嫌ですが、それがプロの世界なんでしょう。。

にしてもNFL.comのホームのモック動画がCBってのはどうなんですかね笑。CB指名は一番ないと思ってるんですが笑。



あとのファルコンズニュース
・ゲイブリエルがテンダーにサイン。この辺の制度まだよくわかってないです笑。とりあえず来年もガブちゃんはうちにいるということで。
・ハーディの背番号が16⇨14に。亡きお父さんの背番号が14だったのでそれに合わせた感じ。




さて、まず来年の勝敗予想ですが、順に簡単なプレビューを。

week1:開幕戦は敵地でCHI戦。ここは確実に取っておきたいし、少しくらいならミスが出ても勝てる相手じゃないでしょうか。開幕を落とすようならちょっとざわざわしてきますね。予想:win

week2:ホーム開幕戦は昨年のNFCチャンピオンシップのリマッチでGBとです。去年もでしたがGBはシーズン序盤はまだエンジンかかってないというかスロースターターな感もあるので、そこにつけこんで勝ちを得たいです。というか新スタジアムお披露目の試合で負けたら縁起よくないですしね笑。予想:win

week3:敵地でDETと。二週続けてプレーオフ進出チームと対戦です。一勝一敗くらいが現実的なラインなのかな、と思ってます。予想:lose

week4:ホームでBUF戦。個人的に一番楽しみにしているカード。このオフはBUFとPHIの試合を中心に見返しているんですが、BUFは見ていて面白い試合をしてくれます。攻撃はもう一人エースレシーバーがはいればめっちゃ強くなるんじゃ?とにわか目線で見てます笑。そんなBUFの地上戦に上昇しつつあるファルコンズディフェンスがどう対処するのか非常に楽しみです。オフェンスはギルモアもいなくなったしまあ無問題でしょう。予想:win

week5:bye。ここでバイウィークです。早いですね。まだそんな修正点もないだろうし、どう使って来るんでしょうか。

week6:ホームでMIA戦。イルカさんはあまりつかみどころのないイメージです。パフォーマンスにムラがあるというか。ただ、こういうチームに案外あっさり負けちゃう気もします笑。ホームでバイ明けなんでさすがに勝ち想定で。予想:win

week7:敵地でNE戦。昨年のSBリマッチです。ぜひ雪辱を果たして欲しいですけど、さすがにアウェーじゃキツイですね。。。予想:lose

week8:敵地でNYJ戦。week1以来の落としたらまずいでしょ試合。QB探ししてるチームに負けてる場合じゃないですよね。予想:win

week9:敵地でCAR戦。CARは良くも悪くもニュートン次第ですね。ニュートンの精神的な成長次第で決まると思います。というかこの試合がシーズン初同地区対戦なんですね。遅いなあ笑。予想:lose

week10:ホームでDAL戦。この試合が今シーズンの大一番になるんじゃないですか、時期的にも。勝つか負けるかで結構流れ変わると思います。DALはとにかくプレスコットとエリオットのルーキーコンビがその勢いを保ってるかどうか次第でしょう。ただ、DALのOLもそう変わり映えしてないし厳しい戦いになりそうです。予想:lose

week11:敵地でSEA戦。昨年に引き続きアウェーのSEA戦です。SEAには普通に勝ってますしここは勝ちを計算していいんじゃないですかね。SEAの守備陣もかつてほどの輝きはないと思います。予想:win

week12:ホームでTB戦。成長著しいTBとの対戦です。昨年、ATLは同地区内対決が5-1でしたが、その一敗はTB相手のもの。今年はきっちりスイープして欲しいです。予想:win

week13:ホームでMIN戦。テディは今年も全休なんですかね。ピーターソンもいないしいくら守備が固くてジマーが名将といえど厳しいでしょう。むしろよくあんな状態で開幕連勝して最終的に8-8で終われたな、と思います。ジマーさんすげえ。予想:win

week14:ホームでNO戦。ここから三週連続同地区対決です。この終盤で一気に順位入れ替わるかも、というNFC南のチームのファンにとって胃が痛い年末ですね笑。ただ、ホームの同地区対決を落としてもらっては困ります笑。予想:win

week15:敵地でTB戦。予想:lose

week16:敵地でNO戦。予想:win

week17:ホームでCAR戦。予想:win



というわけで予想シーズン成績は11勝5敗でプレーオフ進出!
攻撃は昨年出来過ぎだった+研究されるぶん、今年少し落ちると思いますが、守備は控えめに言ってリーグ14位くらいになると思ってます。なので、結局トータルはあまり変わらないんじゃないでしょうか。







23 3月

FA途中経過(3/23現在)

こんばんは、久しぶりの更新です。

さて、FA状況の整理も兼ねて書いていこうと思います。

ちなみに、現時点でのATLのキャップスペースは1.9M!!です。




・去年いたけどまだ再契約してない組

TEタミ
LBウェザースプーン
LBウィーラー
LBスター
Sゴールドソン
DTバビノー
RGチェスター
DEフリーニー


以上です。ここから再契約するのはあんまりいなさそうです。キャップスペース的にもUDFAで掘り出し物探すかドラフトか、って感じですね。フリーニー先生はどうするんでしょうか。ATLとの再契約はほぼないとして引退するのかどこか違うチームに行くのか。1年だけとはいえ、チームに多大な好影響を与えてくれた選手ですから、行く末は気になります。


・再契約組

QBショーブ
TEトイロロ
DTアップショウ
LBレイノルズ
LBケマル
CB Blidi Wreh-Wilson


ショーブは引き続きライアンのバックアップとして。
トイロロは攻撃における役割というより、STやブロッキングTEとしての役割を期待されているようですね。まあキャッチングの方はフーパーいるんで無問題。
レイノルズもSTでの役割を求められているようです。ST及び守備のボーカルリーダーだったらしく、これは意外でした。ちなみに、ボーカルリーダーというのはよく声を出してチームを引っ張る人のことだそうです。
ケマル、アップショウはチームのスキームによくハマっていますし来シーズンさらなる活躍を期待してます。
CBのウィルソンは、トゥルーファントがシーズンエンドの怪我の際に契約した選手です。試合の中で目立つことはあまりなかったですが、練習での動きが良くなってる(GM談)とのことで再契約。


・新加入組

DL Jack Crawford

2012年のドラフトでOAK入りし19試合で18タックル。2014年のシーズン開幕後にDALと契約し、過去3年で38試合(12先発)、54タックル(33ソロ)、9.5サックの成績を残している。
相場わからないんで、チーム内比較になりますがケマルと同レベルの契約です。DL内で比較してもポー、クレイボーン、リード、シェルビー、ビーズリーに次ぐ額です。
ビーズリーの逆サイド問題がこれで解決するのか?!期待してます。


WR(KR/PR)アンドレ・ロバーツ

リターナーとしての出場が基本となりそう。WRとして7年間で通算103試合(40先発)、243回2899ヤード14TDの成績を残しています。リターナーとしては昨シーズンDETで、パントリターン平均12.3ヤード、2パントリターンTDの成績を残しています。


DTドンタリ・ポー

今オフの一番大きい契約になりました。プロボウラーです笑。まさか本当にうちに来ることになるとは。。。笑
金額だけなら他チームの方が条件良かったらしいですが、クインの存在とSB狙えそう、ということで来てくれたっぽい。背中の怪我も本人は問題ないと言ってますし期待したいところ。少なからずジャレットにいい影響与えてくれると思うので、来年のランディフェンスが楽しみです。
また、ポーもSEAと契約したRBレイシーと同じく体重によるボーナスがあるようです笑。DLでもそういうのあるんですね笑。


FBデリック・コールマン
FB Soma Vainuku

コールマンはSEAから、VainukuはHOUからの移籍です。情報がなさすぎてなんとも言えないです。ディマルコ以上を期待するのは難しいでしょうね。。

G Hugh Thornton

こちらはチェスターの代わりでしょうか?INDからです。INDでは37試合32先発ということでスターターでしたが、昨年はキャンプで足首怪我して1年間試合には出ていません。それ以前もちょいちょい欠場しているので丈夫さは?です。最初はスタータークラスのOLとったんだ〜くらいの認識でしたがこれはドラフトもおそらくOL指名になりそうですね。
まあポジティブにいくとスターター級であり、右も左もこなせるんで、使い勝手は良さそうです。あとNFL.comにあった動画を見る限り、足も結構早そうです。




FA解禁前にもGMが言ってましたが、デプスに大きな穴は現時点ではありません。OLが怪我人出た時にちょっと怖い、くらいでしょうか。なので、あんまり書くこともなんですよね笑。まあ、まだまだフットボールを理解できていないので、昨シーズンのATL以外の試合も見て色々見識を深めたいです。

個人的に今のところ気になっていることが
・どっかでブログにも書きましたが、昨シーズンのATLは31点以上で負けなしです。この辺のことについて、何点以上取れば負けないのか、とかその理由とかを考察できればいいなあと思ってます。過去データ引っ張って来るのもめんどくさそうなんで、時間あればですけど笑。
・キャップなるものがアメリカンスポーツでは一般的ですが、日本人で日本のスポーツしか知らなかった自分にとってはピンとこない。何Mとかもmillionの略なのはわかるけどあまり馴染みがないです。なので、各ポジション毎の平均とか出せたらなあ、と思ってます。相場がわかればFAももっと楽しめそうだし。

なので、今後更新するとしたらこの2つのどっちかになりそうです。ポジション毎の振り返りとかはあんまりイメージないです。どれも「皆良かった!」とかになりそうなので笑。
27 2月

ファルコンズのFA状況

オフになるとすっかりNFLの話題とは疎遠になっちゃいますね笑

我が阪神タイガースは北條が今年もやってくれそうで、楽しみです。鳥谷は、なんとかコンバートを受け入れて欲しいですがどうなるのやら。。。。


さて、今年契約が切れる選手一覧です。ABCの順に重要度(個人的な希望もコミで)つけてみました。


・Aランク

FBディマルコ
WRゲイブリエル
DTアップショウ
Sケマル
Sアレン
OL(DL)ガーランド

まあメンツ的にこんなもんでしょう。DTアップショウは個人的な好みです笑。まあ普通にいい仕事してた印象です。ガーランドさんもコンスタントに出番があったわけでもないですが、出場した時には見せ場作ってました。必殺仕事人、って印象。後の4人は今シーズン攻守ともに重要な役割を果たしてくれたので、来シーズンも期待したいです。ケマルは超絶怒涛のランストップ見せてくれましたからね。来シーズンは別にSでなくてもいいんじゃ、って感じです。


・Bランク

RGチェスター
LBウォリロウ
LBウェザースプーン
TEタミ
TEトイロロ
WRロビンソン

この辺は必要だけど大枚はたいてまで再契約しなくてもいいんじゃね組です。高齢だったり怪我だったりであんまコスパよくない人たちですね。タミ、トイロロあたりは迷いましたが、OCが新しくなって細かい所のオフェンススキームが変わるんじゃ?と思ってBにしました。新OCもTEいっぱい使う人なんですかね?流石にフーパーだけでは心許ないので、どっちかと再契約って感じですか。LBはファルコンズの中で一番層が薄いところなだけにオフでどう補強するのか要注目です。個人的には丈夫さを第一条件にして欲しいです。実力あっても発揮できなきゃ意味ないですからね。


・Cランク

DTバビノー
DEフリーニー→引退するんだよね?
QBショーブ→シャナハンとともに?
WRウィームス
LBウィーラー
LBレイノルズ
RTコンプトン
CBウィルソン
LBスター
Sキング
Sゴールドソン


ここは引退だったり移籍濃厚だったりPSだったりって感じで優先順位低い組。お金余ってたらいいよ組でもあります。
バビノーは年もあるし控えにこれだけ出すのはちょっと、って感じ。ウィームスは現状スペシャルチーム要員でしかないし、リターナーとしても平凡なんで別に再契約しなくても。シーズン途中から言ってましたが、ゲイブリエルをリターナーにすればいいのになーと思ってるし確か去年ドラフトで取ったフラーという選手はリターナーとして優れているらしいじゃないですか。そっちでいいじゃんって思ってます。
残りはLBいなさすぎてシーズン途中慌てて契約した組とPS組。まあ大して興味はないです。




GMも言ってましたが、再契約が最優先らしいんでしばらくはそんなでかいニュースはないでしょう。
FA市場が開いても今年はそんなビッグネームに手を出さないと思ってるんですが、どうでしょう。ATLファン的にはあまり盛り上がるオフにはならないのかな。僕はFAよりドラフトの方が待ち遠しいですね。
15 2月

スーパーボウルレビュー 兵どもが夢の跡

こんばんは、ようやくスーパーボウルを見直すことができました。

結果知っていても、手汗かきまくる試合ですね笑。


結果はご存知の通り、歴史的な大逆転劇となりました。。

これまでの最大逆転点差が10点というんですから、ATLファンとしては脱力具合がすごいです。

試合内容について振り返りを。

結局のところ、前夜プレビューにも書いていた通り、31点というのが分水嶺となりましたね。ただ、改めて試合を見返していくと、28点という数字以上にオフェンスがあまり通用していなかったように思います。

個々の面で振り返り
・オフェンス
正直第1Qを無得点で終えた時は、嫌な予感しかしませんでした。パッツディフェンスは流石の集中力でレッドゾーン侵入はおろかFG圏内への侵入さえ許しません。ディフェンスの頑張りで、その均衡は崩れていきましたが、いつもと違う感じではありました。
その違和感はドライブが継続できない、というところにありました。3rd downが8回あって更新はわずかに1回。これに関してはパッツディフェンス(というよりコーチ陣?)がATLオフェンスを上回ったというだけで、もちろんATLファンとしては悔しいですが、非常にレベルの高い攻防が見ることができました。

ランはトスプレイが多かったのはやはりCマックの怪我の影響なんですかね?それともSB用のプレーだったのかな?分からないですが、序盤は意表をつくことができました。ただ、オープニングのフリーマンのラン、外に進路取ればもっとゲインできた、なんならTDまでいけたんじゃ?と思っててそれが一番たられば言いたいとこです。

見ている時は何も思わなかったんですが、2回ほどカイルのプレーコールが物議を醸したとか。
第4Qの9分と4分あたりですね。少なくとも前者は個人的に何の疑問もありません。極めていつも通りのプレーコールだったと思います。ファンブルは偶発的というか相手を褒めるしかないでしょう。
後者はここでFG決めてればほぼ詰み、といった状況だったので悔やまれますね。。。
パスというプレーを選んだこと自体はともかくライアンが少し欲張ってしまった印象です。それまで何回かサックをよけていたのでいけると思ったのでしょうか。せめて投げ捨てできていれば。。。。

ここで試合終わって時間が経って思うのは、ATLが自分の型にこだわりすぎた、固執といってもいいかもしれません、ということです。第4Q9分のところでドライブを継続できなかったのはプレーの読み合いで負けていたからだと思います。そんな状況だったので、残り4分でいつも通りのプレーコールというのは少し安易だったかもしれません。
まあ、何言っても結果論なんですけど、ライアンがこの経験を生かして近い将来、初制覇してくれるのを望んでます。


・ディフェンス
ディフェンスは非常によくやってくれました。オフェンスがあまり通用しない中、こんな試合展開になったのはディフェンスのおかげですね。
前夜プレビューに書いた通り、意外とDB陣、カバーできました笑。これは少なからずベリチックの意表をつけたんじゃないですかね。ダン・クインのプレーコールも冴え、前半を3失点というこれ以上ない形で終えます。しかも1FFと1INTで14点実質ディフェンスが取ったようなものですよ。

オフェンスは今年出来過ぎ感があるので、来年を楽観視できないですが、ディフェンスは非常に楽しみですね。ここにトゥルーファント戻ってくるんで、さらに強化できます。シーズンスタッツだけ見て観戦していた人の度肝を抜く奮闘でした。キャリアーに対して何人もタックルする姿を見て、来年のATLディフェンスは大化けする確信を得ました。
後半はもっといいようにやられている印象でしたが、見返すと案外そうでもなくアジャストしたパッツとブレイディさすが、といった感じです。カバーがゆるゆるになったわけではないですが、DLがプレッシャーをかけきれませんでした。ジャレットが孤軍奮闘していましたが、試合の流れを変えるようなサックはさせてくれません。その上、弱点であるTEへのパスやRBへのパスでうまいこと攻略されてしまいました。

話変わるんですが、NFL.comのモックドラフトでうちの一巡をCBと予想していた人、何見てるんですかね?SBのスタッツだけ見たら色々パス記録作られてますが、試合見てれば間違ってもCBのせいで負けたとは思えません。まさかSBさえ見てないんでしょうか。適当すぎる予想にちょっと腹たちます。


・まとめ
間違いなく10年後も語られる名試合でした。大逆転劇の立役者になってはしまいましたが、これがコーチ陣も含めた今のファルコンズの全力だったと思います。プレーコールまで含めてチーム力です。完全燃焼はできました。25点差ついても諦めなかったペイトリオッツがただただ素晴らしいです。王朝は揺るがないですね。多分、点差ほどの絶望感がなかった、っていうのもあると思うんですが、冷静に判断できた相手が一枚上でした。



ファルコンズ的には仕切り直して来年もう一度期待してます。素材はいいの揃ってるんであとはそれを生かすコーチ陣次第です。OCも変わりますしディフェンスも大きく配置転換してます。NFLjapanの記事にドルフィンズの選手がドルフィンズ守備がLOBに肩を並べるかも、みたいなこと言ってましたが、密かにATLディフェンスこそがそうなると思ってます。

コーチ陣の話だったりドラフトの話だったりをこの長いオフに少しずつ色々調べて書けたらな、と思ってます。個人的にドラフトではDL取って欲しいです。特に、NFL.comのルーキーレビューにもあった通りビーズリーの逆サイド欲しいです。ニーズはOLってのもあると思いますが、過去2年くらいでドラフトした選手が誰か出てきたりしないですかね笑。
8 2月

コーチ人事について

こんばんは、スーパーボウルはすごい試合でしたね。ATLファン以外はとても満足できた名試合だったんじゃないでしょうか笑。

先にスーパーボウルレビュー書こうと思ってたんですが、どうもまだ試合見返す勇気がなくて、試験期間で忙しいのを言い訳にして放置してます笑。来週中には書けたらな、と思ってます。


さて、スーパーボウルが終わるやいなやいきなりあらゆる人事が動き出しました。
まず、退団者から。

・以前から言われていた通り、カイル・シャナハンがSFのHCに。今シーズンはワクワクするオフェンスを見せてくれました。新天地での成功を願ってます。個人的にも強いSFは見たいです。

・QBコーチのマット・ラフルアがラムズのOCになる見込み。

・ちょっとソースが確かか分からないので、公式発表あったらまた書き加えます。
散々シーズン中から愛人契約だとか言われ続けていたDLコーチ ブライアン・コックスが解雇らしいです。まあ、今シーズンのDL改善は主にフリーニー先生のおかげだと思うので、これはいい人事でしょう。


次に、配置転換。

・上のコックス解雇と同じソースなんですが、DCリチャード・スミスがDLコーチに。ディフェンスのコールはシーズン途中からクインが出していたそう。個人的には最初は違ったんだ、と驚きです。
というわけで、コール出さないコーディネーターはシーズン中何してたのか疑問ではありますが、これもいい配置転換でしょう。後任次第ではありますが笑。


最後に一番の話題、カイルの後任OCについて。

・SB終わった後、ATLファンにとって最大の関心は来季のOCについてでした。当初、チップ・ケリーの名前がよく見出しに上がっていて、多くのファンを不安にさせましたが、新OCはスティーブ・サーキジアンです!
アラバマ大の前OCという触れ込みですが、指揮をとったのはあのチャンピオンシップだけ。QBコーチとしての役割の方が多かったみたいです。また、その前はワシントン大のHCだとか。また、来季の復活が期待されるエースCBトゥルーファントの大学時代のコーチでもあるらしい。教えられたことがあるかは分からないですが、面識くらいはあるでしょう。アル中ではあるものの、実力はある、といったところでしょうか。
一応、参考にと思ってチャンピオンシップ観ましたが、印象としては確かに、ファルコンズのオフェンスと合いそうだな、と思いました。ランが基本でプレイアクション多めっていう。コールの是非はまだ勉強不足ですが、なんでこのプレイ?みたいなのはなかったように思います。たった1試合だけなのでなんともですが、とりあえず期待と不安が9:1くらいです。

そして、クインの会見によるとオフェンスのスキームについては変更なし、です。まあナンバーワンオフェンスを抜本的に変える必要はないでしょう。サーキジアンとクインはSEAのHCピート・キャロルを通して面識があるみたいです。フロントはNE系、コーチはSEA系って考えたらすごいですね笑。

最後にクインのサーキジアン評を。

「プレイコーラーとして、私は彼を長年一番のアグレッシブなコーラーだと思っていた。彼はワイドゾーンスキーム、プレイアクション、キーパーという我々の攻撃の主要な部分にとても精通している。」


P.S.
フリオはオフに手術かと思われてましたが、とりあえず現段階では様子見だそうです。
手術のリスクはもちろんありますが、個人的にはだましだましやるよりは、完治させてほしいなーとは思ってます。
ギャラリー
  •  NFCチャンピオンシップ グリーンベイ戦感想 ありがとう、ジョージアドーム
  •  NFCチャンピオンシップ グリーンベイ戦感想 ありがとう、ジョージアドーム
  • NFC チャンピオンシップ グリーンベイ戦プレビュー
  • NFC ディヴィジョナルラウンド シアトル戦感想 日曜早朝に叫んですいません。
  • NFC ディビジョナルラウンド シアトル戦プレビュー
  • week17 ニューオリンズ戦感想 #2シードゲット!!
  • week16 カロライナ戦感想 地区優勝だ!
  • week15 サンフランシスコ戦感想 
  • week15 サンフランシスコ戦 アフロの行方
livedoor プロフィール
nrdhsb91411207のNFLアカウントです。ATL応援してます。ブログもやってます。よろしくお願いします。