suzuka91411207

Monday Morning Football

札幌の地よりアトランタ・ファルコンズの動向を見守るブログ

20 1月

NFC チャンピオンシップ グリーンベイ戦プレビュー

こんばんは、すずかです。


39





さあ、とうとうこの時がやってきました。あと1つ勝てば、スーパーボウルです。
ファルコンズというチームを応援してわずか2年目で、チャンピオンシップにまで駒を進めていることに現実感がありません笑。

ただ、これは紛れもなく現実。あのGBとスーパーボウル進出をかけての大一番です。


まずは、ケガ人から。
ファルコンズは練習不参加は、WRフリオのみ。フリオは日曜日の試合にはでれるそうです。まあ、いつもの持病なので問題ないでしょう。制限付きはDTバビノーWRゲイブリエルです。守備陣にDEクレイボーンエースCBトゥルーファントを欠きますが、攻撃陣はベストメンバー・守備陣もほぼベストでしょう。


前回対戦では、最後に逆転のTDドライブをして勝ちました。いくつかに分けて振り返って見ます。

ATLオフェンス
・ラン
前回対戦ではコールマンがいませんでした。代役はウォードでしたが、しっかりこなしてくれましたね。ただ、チームとしてランはわずか、17回81YDSに止まりました。特にフリーマンは11回35YDSと抑えられてしまいました。
しかし、今回に関してはあまり心配していないです。コールマンもいるぶん、マークは分散するだろうし。SEAのフロントセブンよりGBのフロントセブンの方がやりにくい、なんてわけもないでしょう。
我がファルコンズが誇るRBデュオの力を全米に見せつけてやってください!

・パス
前回はライアンは28/35 288YDS 3TDという素晴らしい活躍をしてくれました。レシーバーへの投げ分けもいつも通りでした。前は、サヌが大暴れしてましたが、今回はゲイブリエルもハーディもコールマンもターゲットになるでしょうし、そちらに気を取られてフリオにドカンと一発!てな展開もありそうです。
そういえば、このGB戦くらいからゲイブリエルがよく使われるようになりましたね。本人もきっといいイメージで臨めると思うので頑張ってほしいです。


ATLディフェンス
・ラン
GBはそんなラン中心でもないでしょう笑。レーシーはいないですが、シーズン途中からWRより転向したモンゴメリがよくやっています。タイプ的にはうちのゲイブリエルと似たような印象です。今まであまり対峙してこなかったタイプのRBなのでちょっと心配ですね。と言ってもそれよりはロジャースのスクランブルの方が心配ですけどね笑。前回はなんとチームトップの60YDSも走られてますから。

・パス
もう、今のロジャースを抑えることなんて不可能にしか思えないです笑。あーゆーのをゾーンに入ってる、とか言うんでしょうね。セカンダリーはいつものソフトゾーンで行くんでしょうから、DLの責任がより重くなります。前回はロジャースから3サック奪いましたが、2サックを記録したクレイボーンは先週のSEA戦でIR入り。。
なのでビーズリーへのマークがきつくなることが予想されます。ただ、その隙をついて好調のリードらがプレッシャーをかけてくれないと試合になりません。


まとめ
マット・ライアンとアーロン・ロジャースという間違いなく今シーズンのNFLでNo.1と2のQB対決で、ハイスコアな展開となるでしょう。ATL側は30点から40点は取れます。なので、いかにGBの得点を30以下に抑えるか、というのがポイントです。仮に1試合の中で、8回攻撃機会があるとすれば、「3回パント打たせてFG何本か打たせる」or「4回以上パント打たせる」でだいたい30点以下に抑えることができます。そう考えれば、今のディフェンスならできそうな気がしてきます笑。
先週のSEA戦で日テレの解説が言ってましたが、プレシーズン・レギュラーシーズン・プレーオフ・スーパーボウルでプレーの速さってのはどんどん速くなっていくらしいです。今のATLのディフェンスは、まさにその言葉通りで絶えず進化を続けていて、SEA戦でより自信が深まったんじゃないでしょうか。





最後に、OCカイル・シャナハンのサンフランシスコでのHC就任はほぼ暗黙の了解みたくなってます。
今シーズン、歴史に残るオフェンスを作り上げた立役者であり、ファルコンズをここまで連れてきた人物の一人でもあります。いなくなるのは悲しいですが、スーパーボウルのリングを手土産にして新天地に行ってほしいです。
というわけで、勝算はなくはないぞ!頑張れ、ファルコンズ!
Rise Up! In Brotherhood!
18 1月

NFC ディヴィジョナルラウンド シアトル戦感想 日曜早朝に叫んですいません。

KH2.8はクリアしてしまいました。すずかです。
土曜日にクリアしたので3日で終わっちゃいました。。。

KH3Dはかなりの良作ですね。いいゲームバランス、マップだったと思います。おすすめです。



ATL 36 - 20 SEA


04






主なスタッツ


QB ATLライアン 26/37 338YDS 3TD
   SEAウィルソン  17/30 225YDS 2TD 2INT

ラン ATLフリーマン 14回45YDS 1TD (レシーブ4回80YDS)
   ATLコールマン 11回57YDS (レシーブ3回22YDS 1TD)
   SEAウィルソン 6回49YDS
   SEAロールズ 11回34YDS

レシーブ ATLゲイブリエル 4回71YDS
     ATLジョーンズ  6回67YDS 1TD
     SEAリチャードソン 4回83YDS
     SEAボールドウィン 5回80YDS 1TD


PFFスタッツ



やーいい試合でしたね。この試合のターニングポイントは何と言っても第2Q 10:34のへスターのビッグリターンを台無しにするペナルティでしょう。


あそこで一気にモメンタムを引き寄せ、自軍のOLに足踏まれてセーフティなんていう普通ならありえないプレイを起こしてますからね。もちろん、素早いプレイリードでロスタックルしたLB陣とかOL登録なのにもっぱらDLとして起用されるガーランドさんの圧とかATL守備陣の確かな成長とクインの起用があってこそのプレイですが、あれでライアンもだいぶ楽になったと思います。ガーランドさんは、1on1がめちゃ得意だそうで、それもあってSEAの控えOLは焦って足踏んじゃったんでしょうね。


と言っても、この直前に3&outになった時もライアンから全く焦りを感じず、むしろ余裕さえ感じました。去年もそうだし、きっとこれまでもそうだったんだろうけど、ライアンは強敵相手に僅差だったり負けてたりするとどこか余裕がないというか、焦っているように見えることが多く、それが大事なところでのインターセプトにつながっていたりしたと思うんですが、この試合では全くそういうところがなかったです。数字的にはこれよりいい試合もあったんでしょうが、間違いなく今シーズン1のクォーターバッキングでした。


チーム全体のオフェンスとしても、オープニングドライブのパスこそフリオに集中してましたが、セーフティ以後はいつも通りの、格下チームに対するがごとくの見事な投げ分け。8人にパスを投げ分け、ターゲットを絞らせませんでした。また、この試合のMVPは間違いなくOLでしょう。ホームということで、連携もしっかりとれ、ランブロ・パスプロともにばっちしでした。2サックは許しましたが、どちらも特に試合の流れを買えるようなものではありませんでした。


ディフェンスは、オープニングドライブこそTDを許しますが、そのあとはDLがよくプレッシャーをかけ、オープニング以外では2回レッドゾーンに侵入されますが、2回ともFGに抑えています。
また、特にリードを奪ったあとはSEAオフェンスを全く寄せ付けず。TDは一本許しますが、これはヘスターがとったTDと言ってもいいでしょう。ミスタックルもほとんどなく、プレーリードもばっちしでしたね。
TDを許したオープニングドライブもウィルソンは2回スクランブルしていて、セカンダリーがしっかりカバーできていたことを示しています。
ディフェンスのMVPはニールだと思います。ジョーンズ、キャンベルも素晴らしい活躍をしてましたが、「お、よく止めたな。」ってプレーは大体ニールでした。






以下は、試合終わって気になったことをいくつか。

・ファルコンズのケガ人

フリオはまた足を痛めたらしいですが、これは持病のようなもの。ダン・クインも心配ないと言ってますし、僕も心配ないと思います。
クレイボーンは二頭筋断裂でIR入り。ここまでビーズリーにつぐサックをあげていて、よくプレッシャーをかけてくれてましたが、シーズンエンド。幸いリードが調子良さそうなので、次も期待するしかなさそうです。
個人的に一番心配なのが、ビーズリー。試合中左手痛めたとかで、一度ドクターチェック受けてました。そのあと試合に戻ってきたことから重症ではないんでしょうが、次戦を考える上で一番大きいポイントだと思います。



・なぜグラハムにパスがいかなかった?

この試合、SEAオフェンスにもっとやられると思っていてその理由の1つがTEジミー・グラハムの存在です。前回対戦では6回89YDS奪われ、いいようにやられてましたが、今回は3回22YDSです。また、ファルコンズディフェンスの弱点はTEに対するカバーです。現にNO戦でもKC戦でもエースTEを止めきることはできませんでした。なので、グラハムが多くターゲットにされてれば、非常にATLにとって都合が悪かったはずです。
試合を見返していても、そこまで完璧なカバーはされてはないと思います。試合後は勝利の喜びで浮かれてましたが、改めてスタッツ見てみると違和感があったので書いています。
怪我の影響でもあるのか、それともウィルソンの目にはグラハムがカバーされてるように見えたのでしょうか。。。。
ボールドウィンにターゲットが集中していたおかげで、ディフェンスも守りやすかったと思います。



・後半に入り、16点差になった後の円陣

フリーマンの1ヤードTDランで、もう決まりだな、と思いました。観戦してるだけの自分がそう思ったんですから、選手はもっと思ったんじゃないでしょうか。その空気を察知したのか、ライアンが円陣で改めて喝を入れます。あれはシビれましたね。強いチームになるためにはそういう部分が大事だと思うので、とても嬉しかったです。






他にも、書き出したらキリないくらい見所がたくさんあった非常にナイスゲームでしたが、まだファルコンズのシーズンは終わりではありません。ここまできたらなんとしてでも、あと2試合やってください。次は引き続きホームとはいえGB相手です。シーズンでは顔を合わせていてその時は勝ちましたが、あの時のGBのチーム状態は今と比べ物になりません。また、ゾーンに入ってるとしか思えないプレーを連発するロジャースをどう止めたらいいんでしょうかね。。。不安はつきませんが、間違いなく名試合になるでしょうし、この時期に贔屓のチームの試合記事書けることを幸せに思います。
Rise Up!In Brotherhood!
12 1月

NFC ディビジョナルラウンド シアトル戦プレビュー

こんばんは、今日発売されたキングダムハーツ2.8をひたすらやってます。すずかです。
KH3に向けての準備的な作品らしくとりあえずKH0.2と映像は見終えましたが、だんだん全体が分かって気がします笑。初めてやったのが中二の時のKH2で、その時はただやってただけでしたが、大人になったってことなんですかね笑。ただ、意外と早くクリアできそうでちょっと残念です。





C167__MUQAAhd_f







さて、いよいよ我らがファルコンズのプレーオフ初戦です。#2シードのおかげで、練習不参加者はおらず、トゥルーファントとタミを欠くもののほぼベストメンバーで臨めます。



参考として、レギュラーシーズンで当たった時のスタッツを少々。


   QB ライアン 27/42 335YDS 3TD 1INT
      ウィルソン 25/37 270YDS 
   
   ラン ATL 18回52YDS
      SEA 27回72YDS
 
   被サック ATL 4回25YDS
        SEA 1回9YDS

   ペナルティ ATL 8回66YDS
         SEA 3回30YDS

   ターンオーバー ATL 2回(ファンブルロスト1回、インターセプト1回)
           SEA なし




差が目立つのはこの辺ですかね。今回は、ATL・SEA共に中心選手何人かいないです。
ATLはCBトゥルーファントとTEタミ、SEAはSアール・トーマスとWRタイラー・ロケットです。

ATLサイドはこの穴を見事にコリンズ、フーパーらが埋めてます。SEAはWRについては問題ないでしょうが、トーマスの離脱はあまり埋めきれてないようで。



前回対戦について。スタッツ見ても明らかな通り、ランが全然出てないです。これはSEAのDL及びLBがただただすごかったっていう感じです。ここにクラウドノイズとかはあんまり関係ないと思うので心配ですね。前回対戦の時と今回でOLのメンツ変わってないですし。
確か1シリーズ間に3サックくらいされてたのがあってちょっとトラウマです笑。


正直SEAはセカンダリーよりフロントセブンの方が脅威だと思います。フリオvsシャーマンは前回圧勝でしたし。
前回対戦のフリオの7回139YDSってのはすごいんですけど今シーズンのATLに関していえば、これはあまりいい傾向ではなく、フリオに頼らざるを得なかったということなので、あまり手放しでポジれないです。ライアンの300パスヤードっていうのも同じで、いかにランが出なかったかっていうのを示してます。


ただ、前回と今回でいい意味で違う点はSEAのホームでないこと、ですね。ワイルドカードゲームでまた色々物議をかもす試合してましたが、さすがにATLホームであそこまでSEA贔屓の判定はされないでしょう笑。それこそ、前回の最後のシャーマンの疑惑のPDIみたいなのはないと信じてます笑。


にしてもあの試合は本当ひどかったですね。DETファンに同情します。ただ、NFLのいいとこは割と立場ある人でも普通に「審判クソだな!」って言えるとこ。NPBに慣れてきたのではるかにこっちの方がマシです笑。



今週の試合でのそれぞれの観戦ポイントを

・オフェンス
  
  前回全く通用しなかったランを出せるか。
  アール・トーマス抜きのSEAのDB相手にWR陣がどこまで暴れることができるか。
  ターンオーバーを出さないように。

・ディフェンス

  前回普通にSEAオフェンス相手に通用してましたからね、そこまで心配してないです。
  ウィルソン相手にターンオーバーはなかなか奪えなさそうなので、DLがしっかり仕事してほしいです。
  ただ、DET相手に爆発していたランを止めれるかどうか。









まあ正直大丈夫だと思ってます。前回がターンオーバー2つあげてしかも相手のホームで、最後の判定がこちら側に転んでたら多分逆転してたでしょ、っていうすごい適当な感じですけど笑。
力負け感は全くないので、オープニングドライブをTDで終えて相手を 3&out で抑えて、モメンタムを引き寄せてください!
そして、その次はDALかGBという笑。DALの方が中心が若い分、付け入る隙はあるのかなーと思ってます。GBなんかに来られたら勝てる気しないです。ヘイルメリー2発くらい決められそう笑。というわけで、DAL頑張れ!

    
  
7 1月

week17 ニューオリンズ戦感想 #2シードゲット!!

こんばんは、京都金杯・中山金杯両方的中で幸先いいスタートを切れました。実家に帰って久しぶりに雪のない世界を堪能してますすずかです。
にしても平場はまだ的中なし。。なんでだ。。。。


ATL 38 - 32 NO



普通にスターター出てますやん!!

まあプレー自体は短くて早いパス中心でスクリーンパスとかも多かったし、選手を守るゲームプランみたいなのは感じました。
ただ、記事とか動画の感じから半分消化試合、みたいなニュアンス感じてたのでもっと控え出していくのかなーと思ってました。。。まあ、勝てたしよかったです。



36








主なスタッツ

QB ATLライアン 27/36 331YDS 4TD
   NO ブリーズ  29/50 350YDS 2TD 1INT

ラン ATLフリーマン 12回96YDS 1TD (レシーブ5回81YDS)
   ATLコールマン 8回44YDS (レシーブ3回15YDS 1TD)
   NOイングラム 20回103YDS 1TD
   NOハイタワー 3回39YDS 1TD

レシーブ ATLジョーンズ 7回96YDS 1TD
     ATLハーディー 4回43YDS 1TD
     NOトーマス 10回156YDS 1TD
     NOスニード 3回82YDS


PFFスタッツ



特に何も言うことない試合でした。前半のオフェンスはとにかく素晴らしいの一言。前半だけで5TDでパントはなし、というまさに完璧な内容でした。
ディフェンスもNFL2位のオフェンスを13点に抑えます。


ただ、第4Q終盤ではあわや追いつかれるかも、で少しあわただしくなったのはいけません。今後のプレーオフでここ最近のような持ったまま完勝、なんて試合がそうあるわけもなく。しかも、(とりあえずの)相手はウィルソン、ロジャース、マニングといった歴戦の猛者ばかり。今回のブリーズもその一員ですが。

そんなQB相手に逆転劇を演出されないようなディフェンスになってほしいですね。メンツはまだみんな若いし今回の試合を生かしてください!



週中には色々表彰が。ライアンが週間MVP、ビーズリーが月間MVP、ライアン・フリオ・ビーズリーがAP all-proに選出。あと、ビーズリーは今シーズンのサック王(この表現でいいのかな?笑)ですね。



あと試合見てて思ったのがフリーマンが現在唯一の2シーズン連続で1000ヤードラッシャーだそう。
改めて怪我なくコンスタントに結果出し続けてくれてるフリーマン様様ですね。コールマンが割と故障しがちなので頼りっきりになる試合もありましたが、今後も怪我なくいってほしいです。



それからゲイブリエル欠場でこの試合出番が多かったハーディー、素晴らしかったですね。アウトオブバウンズにはなりましたが、ライアンが投げ捨てたボールを諦めずにキャッチしにいく姿勢は非常に好感持てました。
ただ、1回キャッチしてたのに足残せずインコンプリートになったのは惜しいしそういうとこがあと一歩な要因なんでしょう。昨シーズンは結構落球してるイメージでしたが今年はほとんどないようで。WRなんて何枚あっても困らないので頑張ってください。




もうすでにプレーオフないチームは来シーズンの人事が動き出していて、NFL史に残るオフェンスを築き上げた我らがOCカイル・シャナハンがどうもHCの一番人気っぽい。。
すでにLA、JAX、DEN、SFとの面談が控えてるみたいで、また本人はDENのHCに乗り気みたいですね。父親と同じ道を辿りたいんじゃ、なんて記事も見ました。
出てくのはもう確定みたいなんで、SBとってから出ていってください笑。せめてSB出場だけでも!

出てくなら出てくで次のOCは?って話にもなりますしね。内部昇格かな?




さて、いよいよ今週というか今日からプレーオフスタートです。初戦の相手になりうるのは上にもありますが、SEAGBNYGです。個人的には一番SEAに来てほしいかなー。アウェーでのSEA戦という負け確定だと思ってたweek6が接戦で最後の疑惑の判定がなければどう転んでたかわからない、という試合でしたからね。ホームアドバンテージもないし普通に勝てるんじゃね?と思える唯一の相手です。正直プレーオフでGBに勝てる気が。。。笑 NYGもOBJ止めれる人、いませんからね。
下馬評でもSEA有利らしいですし多分初戦の相手はSEAでしょう。DETはスタッフォード指怪我してるみたいだし。あとは勝負弱いと評判の我がチームが今年は違うぞ、というところを見せれるか、ですね。何人か言ってるのを見ましたが、今シーズン試合終盤で逆転した試合ってなかった気がします。いつも前半(あるいは第3Qまで)で2、3ポゼ差とかにして1ポゼ内に詰められてタイムアップ、みたいな試合展開がほとんどでした。そういう意味ではSEA戦は幻の逆転ドライブでしたね。
なのでプレーオフになっていつもと違う展開になった時に対応できるか、というのもポイントでしょう。全く対応できないようじゃ先が思いやられます。今シーズンは確変だったってことになりかねません。

全体的に理想はNYGがDALにも勝ってNFCチャンピオンシップはATL vs NYGって感じですかね笑。




P.S.
心斎橋にあるNFLショップ行ったんですが、ATLグッズはほとんどなく地区優勝グッズもありませんでした。。。。通販で買うしかないのかーー!!

でも、やっぱり実物見て買いたいですよね。。。
NFCチャンピオンなれなかったら大人しく地区優勝グッズ買うことにします。。。




1 1月

week17 ニューオリンズ戦プレビュー #2シードの行方

あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお願いいたします。すずかです。

昨年12月のブログPV数が831とかで、驚いています。正直ブログ始めた時は月100PVもいけばいいかな、半分日記みたいな感じになるだろーな、と思っていました。他のNFLブログやってる人たちみたいにフットボールに造詣が深いわけでもなく、文章力があるわけでもない自分のブログをこんなにたくさん見てもらって、本当にありがたいです。読んでくれる人が少しでもいるっていうのはモチベーションになりますね笑。オフシーズンはどうするか迷い中ですけど何か(NFL関係ないかも)書こうと思います。




さて、レギュラーシーズン最後の試合NO戦です。#2シードがかかった試合ですが、どうもダン・クインはそんなにやる気でもないようで。。。。


まず、ゲイブリエル(足)とフーパー(膝)が最終戦に欠場です。他に特に故障者情報はありません。


で、前述の試合に対するモチベですが、数日前まで、よっしゃ!勝って#2シードだ!!みたいなテンションだったんですが、ダン・クインが#2シードってそんな大事?(超意訳)って言ったことでみるみるしぼんでいきました笑。

まあ確かにOAKのカー、MIAのタネヒル、TENのマリオタの怪我が相次ぎましたからね。OAKに至ってはSB出れる可能性もだいぶ高かっただけにファンの気持ちを思うとやるせないです。。。


実際ファルコンズも攻守両方に大きな離脱こそないものの完全にhealthyかと言われると違います。
LTマシューズ、WRフリオ、サヌ、ゲイブリエル、ウィリアムス、TEタミ、フーパー
DTクレイボーン、CBトゥルーファント、コリンズ、LBキャンベル、Sニール、ケマル

中心選手で何試合か欠場、あるいは試合中に離脱があったのがこれだけいます。特に先週ニールがフィールドに座り込んでた時はゾワっとしましたよ笑。


というわけで、そこまで本気で勝ちにいかないっぽいです。なのでここ三週のように楽勝展開に持ち込んでください笑。

理想はSEAが負けることですが、SF相手に取りこぼすとも思えず、ATLが勝つしか#2シードとる術はなさそうですね。




オフェンスはほっといても30点くらい取ってくれると思うので問題はディフェンスですね。ビーズリーがサックして、コリンズがインターセプトして、ジャレット、ジョーンズがラン止めてって感じで笑。

スターターが早めに引っ込むならオラトエ推しとしては楽しみです笑。






という感じで年末バイト7連勤で疲れ果てていることとそこまでガチ試合にもならなさそうなので明日のバイト休憩の時にでも試合見ようと思います。


無難に勝って#2シードになれればいいですけど負けた時についてまとめて〆にします。
全部書くのはしんどいしもっと見やすくまとめたのがどっかにあると思うのでNO勝利SEA勝利っていう割とありそうな状況の想定だけにします。

対戦相手が

DETになる場合
NYGGBが勝利

NYGになる場合
DETが勝利

WASになる場合
WASGBが勝利


ATL vs NOの他、2試合の進行も気になるところです。

ギャラリー
  • week4 バッファロー戦感想 再来
  • week4 バッファロー戦感想 再来
  • week4 バッファロー戦感想 再来
  • week4 バッファロー戦感想 再来
  • week4 バッファロー戦感想 再来
  • week4 バッファロー戦感想 再来
  • week4 バッファロー戦感想 再来
  •  NFCチャンピオンシップ グリーンベイ戦感想 ありがとう、ジョージアドーム
  •  NFCチャンピオンシップ グリーンベイ戦感想 ありがとう、ジョージアドーム
livedoor プロフィール
nrdhsb91411207のNFLアカウントです。ATL応援してます。ブログもやってます。よろしくお願いします。