こんばんは、スーパーボウルはすごい試合でしたね。ATLファン以外はとても満足できた名試合だったんじゃないでしょうか笑。

先にスーパーボウルレビュー書こうと思ってたんですが、どうもまだ試合見返す勇気がなくて、試験期間で忙しいのを言い訳にして放置してます笑。来週中には書けたらな、と思ってます。


さて、スーパーボウルが終わるやいなやいきなりあらゆる人事が動き出しました。
まず、退団者から。

・以前から言われていた通り、カイル・シャナハンがSFのHCに。今シーズンはワクワクするオフェンスを見せてくれました。新天地での成功を願ってます。個人的にも強いSFは見たいです。

・QBコーチのマット・ラフルアがラムズのOCになる見込み。

・ちょっとソースが確かか分からないので、公式発表あったらまた書き加えます。
散々シーズン中から愛人契約だとか言われ続けていたDLコーチ ブライアン・コックスが解雇らしいです。まあ、今シーズンのDL改善は主にフリーニー先生のおかげだと思うので、これはいい人事でしょう。


次に、配置転換。

・上のコックス解雇と同じソースなんですが、DCリチャード・スミスがDLコーチに。ディフェンスのコールはシーズン途中からクインが出していたそう。個人的には最初は違ったんだ、と驚きです。
というわけで、コール出さないコーディネーターはシーズン中何してたのか疑問ではありますが、これもいい配置転換でしょう。後任次第ではありますが笑。


最後に一番の話題、カイルの後任OCについて。

・SB終わった後、ATLファンにとって最大の関心は来季のOCについてでした。当初、チップ・ケリーの名前がよく見出しに上がっていて、多くのファンを不安にさせましたが、新OCはスティーブ・サーキジアンです!
アラバマ大の前OCという触れ込みですが、指揮をとったのはあのチャンピオンシップだけ。QBコーチとしての役割の方が多かったみたいです。また、その前はワシントン大のHCだとか。また、来季の復活が期待されるエースCBトゥルーファントの大学時代のコーチでもあるらしい。教えられたことがあるかは分からないですが、面識くらいはあるでしょう。アル中ではあるものの、実力はある、といったところでしょうか。
一応、参考にと思ってチャンピオンシップ観ましたが、印象としては確かに、ファルコンズのオフェンスと合いそうだな、と思いました。ランが基本でプレイアクション多めっていう。コールの是非はまだ勉強不足ですが、なんでこのプレイ?みたいなのはなかったように思います。たった1試合だけなのでなんともですが、とりあえず期待と不安が9:1くらいです。

そして、クインの会見によるとオフェンスのスキームについては変更なし、です。まあナンバーワンオフェンスを抜本的に変える必要はないでしょう。サーキジアンとクインはSEAのHCピート・キャロルを通して面識があるみたいです。フロントはNE系、コーチはSEA系って考えたらすごいですね笑。

最後にクインのサーキジアン評を。

「プレイコーラーとして、私は彼を長年一番のアグレッシブなコーラーだと思っていた。彼はワイドゾーンスキーム、プレイアクション、キーパーという我々の攻撃の主要な部分にとても精通している。」


P.S.
フリオはオフに手術かと思われてましたが、とりあえず現段階では様子見だそうです。
手術のリスクはもちろんありますが、個人的にはだましだましやるよりは、完治させてほしいなーとは思ってます。