今シーズン初同地区対決は惜しくも敗れました。

ATL 17 - 20 CAR

PFFスタッツ
PFRスタッツ


負けちゃいましたけどオフェンスは少し上向いて来たのではないでしょうか。
試合のカギとなったのは前半のギャンブル失敗だと思います。少しのミスを逃さなかったCAR、さすがです。

・オフェンス
オープニングドライブからロングゲインを狙ってきてこれまでとは違うな、という立ち上がりです。そのあともオフェンスとしてはまあ良かったんじゃないでしょうか。
上にも書きましたが、ギャンブル失敗が敗因の9割くらいだと思います。残りはフリオのどフリー落球とかライアンセルフサックとか。全体としてサーキジアン続投で来年希望が持てるようなオフェンスだったんじゃないでしょうか。一応数字的なことを書いておくと1st downにおける獲得ヤードで0以下の回数が3回で今シーズン最小です。
OCの成長を今後も見守っていきたいと思います笑。残る課題はレッドゾーンオフェンスと2minオフェンスですね。

さて前半のあのギャンブルは無茶する場面ではなかったですね。まして今年のオフェンスなら。クインはいい加減カイルはもういないことに気づいて欲しいです。ショートヤードを確実に取れるオフェンスだったらもう1つか2つ勝ってますよ。

ギャンブル失敗でわずかに傾いたモメンタムをちゃんと生かして瞬く間に2TDとったCARはさすがです。勝ててるチームって感じですね。ライアンもやっちゃいけないところでのターンオーバーですから、ほんと2年前と同じです。

でもこの試合のオフェンスは上昇の兆しを感じられたので負けはしましたが悪くない気分です。




・ディフェンス
こちらは言うことなしですね。アルフォード筆頭に大活躍でした。DLもきっちり仕事しましたし。
ただニュートンのランに無警戒すぎたのと後半入ってCARオフェンスが左右に振ってきたのに対応遅れたのは今後の反省ですね。今後SEAとも当たるんだからモバイルQBへの対策はきっちりしておいて欲しいです。





全体として選手みんな良かったです。ライアンのINTとフリオの落球くらいで。でもどこか歯車が噛み合わない状態がずっと続いてます。どこかで打開してくれないと残り試合もあと8試合で折り返しに入りました。ギャンブル失敗でクインを叩くのは簡単でしょうけど実際去年はそれでうまくいってたわけだし難しいところです。ギャンブル失敗にしても肝心なところでの反則、サックにしてもメンタルな部分の問題でしょうから悩ましいですね。
シーズン振り返ったらこの試合がターニングポイントだった、みたいなこと言っててください!