少し遅い時間帯の試合だったので久しぶりにリアルタイムで観戦できました。その試合でこんな試合してくれて嬉しかったです。

ATL 27 - 7 DAL
PFFスタッツ
PFRスタッツ


相手の弱点につけこんで勝ちました笑。一応ターニングポイントとしてはDALのパントフェイク失敗ですかね。あれ成功してたらもっと競った試合になってたと思います。

・オフェンス
開始そうそうまたアンラッキーなINTで怪しい雲行きに。しかしそのあとプロボウラーLBショーン・リーの離脱もありオフェンスは好循環に入っていきましたね。個人的に感じたのはサークがちゃんと修正してきたな、と。今まではラン出す→真ん中空く→パス通る→ラン出るの循環を狙っていたように感じてましたが、先週今週とパス出る→ラン出るになってました。OCと選手の相互理解に1年かからなくて良かったです笑。特にゴール前でガーランド投入・ポーFBは面白かったです。ゴリゴリの力押しは好きなのでゴール前オフェンスとしては大好きです。ここのフリがあったから後半のフーパーヘのTDパスもあんな簡単に決まったんでしょうね。
今までなかなかそういう機会がなかったからあれですけど終盤リードしてる場面できっちりラン3連発してくれるのは最高ですね。多分前にもどっかで書きましたが。

個々の選手に関してこの試合最大のポイントはセカンドエフォートでした。ダウン更新までの1,2ヤードをタックルされてから稼いでいるのが目立ちました。もちろんライアンのパフォーマンスも素晴らしく投げ分けバッチリでしたね。あとフリオはやはりすごいですね。数字的には目立たないですがこの試合は完全に個人技で乗り切ってました笑。

フリーマンは今シーズン2回目の脳震盪ですね。フリーマンがいなくなったことでサークのラン固執がなくなったのでは?とする見方もあるのは皮肉ですが、不在の間にオフェンスがいい流れになってて欲しいですね。それでフリーマン戻ってきて万全、みたいな感じで。




・ディフェンス
こちらは完璧でしたね。プロボウラーLTタイロン・スミス、エースRBエリオット不在でしたが、スミスいない方が大きかったですね。というか控えLTのザルさも大きかったのか笑。
クレイボーンの活躍はもちろんですが、ビーズリー・ジャレット・ポーもよくプレッシャーかけてました。うちのDL強いです笑。
地味に変わってたのが守備緩めなかった点かな、と。これは良かったですね。今年はもう守備に頑張ってもらわないと困りますから。
相手のFGミスもありましたがレッドゾーン侵入許したのはその一回じゃないですかね?最初のTDはINTからだし。

ただそのTDがプレスコットのランによるものだったのでQBスクランブル対策は今後のCAR,SEA戦の為にもきっちり修正して欲しいです。問題点はそこくらいですかね。





攻守共にバッチリだったのにSTは相変わらずお粗末なもので昨年の可もなく不可もなくから比べると落差がひどいです。DALのパントフェイクが反則で取り消しになった後のオフサイドとか挙げ句の果てにはキックオフでのオフサイドまで。さすがに来年はアームストロングはいないでしょうがフラストレーションたまります。


あとは序盤すぎたからか勝ったからか目立っていないクインの謎チャレンジ。僕の目には成功する可能性はほぼ皆無だったしそんな重要な場面でもなかったと思うんですよね。問題点が他に存在するのもあるしそこまでツッコミどころでもなかったからかもしれないですが、クインのTOだったりチャレンジの使い方がちょっともうひと頑張り欲しいところです。