MNFがここに入ったのが残り試合に響かないのを祈るだけです。

ATL 24 - 21 TB
PFFスタッツ
PFRスタッツ


ここまでウチとの対戦相手に怪我人多いとオカルトな話まで出てきそうですね笑。
ATLの選手を止めるのに必死or強いタックルされて傷んだ説も推しときます笑。

では振り返り。
まあ順当勝ちではありますが、ウィンストンはATLを得意としてますね。ただそれでも21失点ですからディフェンスの安定感には頭が下がります。

・オフェンス
フリーマンいなければ崩壊してたであろうオフェンス。先週の3INTに日和ったのか?ただいくらパスプロそこまでよくなかったとはいえ成功率6割切るのは少し寂しい。ふと思ったのがサークさんって最小限の労力で勝とうとするタイプなんですかね?合格点60点のテストで60点狙いにいくようなタイプ?1年通して良くも悪くも相手なりのオフェンスに見える時がちょいちょいありました。

あとフリーマンの大活躍は何よりですがファンブル2回はいただけない。ボールセキュリティ甘いのはコールマンの方だと思ってたけど笑。
TBのRZでのファンブルがターンオーバーになったのとATLがエンドゾーンでリカバーしてTDになったのは運の差としか言いようないですね。チームが昨年ほど万全じゃないし勢いもないのにこの位置いるのは強豪への一歩を踏み出したってことでいいんですよね?


・ディフェンス
守備は安定感抜群ですね。トゥルーファントはダメな日でしたがそれでも21点で抑えるあたり仕上がってきた感あります。にしてもアレンはかわいそうでしたね。1つ目はまだしも、2つ目のパーソナルファールは審判がしっかり見てプレイ止めてりゃ発生しなかったしINTしても味方の反則で取り消されるし笑。1回目の方も身長差あるからしょうがないだろ、みたいな感じで本人もツイッターで弁明してましたw



この試合は点差こそわずかですが、あまり負ける気はしませんでした。リアルタイムでは全部見れず、2minからはちゃんと見てたんですが、TBみたいにKが万全でないとこに終盤50ヤードごえのFGとかまず成功しないでしょ、と思って見てました。それか今年胃に優しくない試合ばかりしてるから耐性ついたかですね笑。そっちの方が大きそうですが笑。



ちなみにweek16で勝利or DALvsSEAがtieかつDETがtie or loseでプレーオフ確定です。
もっと団子だと思ってたら意外とプレーオフ進出可能性高いです。ま、残り2勝して地区優勝ってのが一番して欲しいことでありなぜかそうなる気がしています。NOには薄氷での勝利、CARには負けてるのになぜかそうなる予感がしてます笑。これを願望で終わらせないでください!